top of page
  • hnagao0

第42回文部科学大臣杯少年少女囲碁大会                            村上晴久くん(兵庫県代表)大健闘!!!【敢闘譜解説】

去る令和三年(2021)8月20日に一年ぶりに全国少年少女囲碁大会が開催された。弊知得こども囲碁教室からは、村上晴久くん(小6)が兵庫県代表となり、念願の全国大会出場を果たしました。惜しくも優勝した吉田透真くんに敗れて予選リーグは突破できませんでしたが、善戦健闘しました。次回は一層の活躍を期待します。


村上晴久くん(小6)



予選リーグの模様


一回戦


柴田 然くん (茨城)


勝利

















2回戦


高崎 美乃 さん (岐阜)


勝利










ここまでは順調にすすみましたが、

3回戦が難関です。勝てばベスト

16に名を連ねることができます





3回戦


吉田 透真くん (東京)


敗北


*吉田透真くんは、今大会、見事に優勝

を遂げた。


いつもそうだが予選リーグの3回戦を突破できるかが、大会上位入賞への鍵となる。

今回、晴久くんにはその分厚い壁が立ちはだかった。






それでは晴久くんの敢闘譜を見ていこう。私見では黒にも十分チャンスがあったようだ。


令和三年(2021)8月20日(金) 於日本棋院東京本院

【第42回少年少女囲碁大会全国大会予選リーグ三回戦】

互先 吉田透真(東京)

先番 村上晴久(兵庫)

【122手完白中押勝】

それでは、3回戦の東京代表吉田透真くんとの熱闘譜を見ていこう。


【第1譜】(1~12)ここまではプロ棋士の布石を見ているようだ。黒の次の一手は?

【参考図1】

黒1と受ければ普通の進行、白2も好点だが黒3とツケて黒も戦えます。


【第2譜】(1~22)白14の両ガカリに黒は15以下ツケノビで頭を出して、白22までとなりました。次の黒の一手は?

【第3譜】(1~28)黒23とハサムのが正解です。途中黒27のツケが好手、白28はどうでしたか

黒にチャンス到来です。

【第4譜】(1~32)黒27で断点を補ってから黒29と切れば黒もやれます。白32は少し辛い、

黒の次の一手は?

【参考図2】白6(15ー十六アテ)黒19(13-十七ヌキ)

(囲碁AI研究)黒1とツケてすぐに白を追及します。以下31まで黒もやれます。

【参考図3】黒5のツケには白8とカケツイで頭を出します。黒も9と戦います。白は下辺の白石を軽く見るのが良かったでしょう。

【第5譜】(1~33)黒33のカケツギが少し問題でした。白はここでどう打ちますか?

【参考図4】白1のツキアタリが相場でした。中央は手を抜いて黒も4と上辺のヒラキに回ります。

【第6譜】(1~50)白34から中央の競り合いになりました。黒37のツギが愚形となるのが黒の泣き所ですが白50まですすみ、黒の次の一手が勝敗を左右しました。

【第7譜】(1~56)黒53がほとんど敗着となったようです。強い石の方から攻めるいわゆる方向

違いでした。白54・56とカケラレて黒が苦しくなりました。

ハイライト図

【参考図5】黒53では、まず黒1・3を先手で決めて、黒7と右辺の弱石の方から攻めるのが良かったようです。これなら黒もまだ打てました。

【第8譜】(1~73)黒も57から59と反撃にでますが、白は一気に決めに行きます。黒73まで白が危ないように見えますが、、

【第9譜】(1~122)白74(13-七)

白74以下白80まで攻め合いは黒が勝てません。白はおそらく読み切りでしょう。さすがは今年の小学生名人です。

黒の晴久くんも形を作って潔く投了しました。晴久くんには貴重な経験になったかと思います。

この1局を通しておそらく一子以上強くなったように感じました。

若者は何かのきっかけで開眼するこがあります。その場に立ち会えるのが教室を営む醍醐味なのですが、晴久くんの次の飛躍に期待したいと思います。



ギャラリー

市ヶ谷駅の碁石モニュメント






Commentaires


bottom of page